自己処理のメリット・デメリット

Posted on

自分でムダ毛を処理する

ムダ毛の自己処理方法には、毛抜きや脱毛ワックスを使って抜く方法、カミソリや電気シェーバーなどで剃る方法、脱色剤で色を薄くする方法、除毛剤で溶かす方法などがあります。
この中で、比較的費用がかからないのは毛抜きやカミソリで、脱色剤や除毛剤などについては、消耗品なので費用がかかります。

あとは、痛みの問題があり、脱毛ワックスは抜くとき痛く、薬剤を使っている脱色剤や除毛剤では炎症が起きることがあります。
それぞれの自己処理方法にメリットとデメリットがあるので、生えているムダ毛の状態や処理する部分を考えて、適した方法を選びましょう。

自己処理のメリット

自己処理は、脱毛サロンなどに通う場合と比べると、費用を安くすませることができるというメリットがあります。
最近は、家庭用脱毛器などの価格が安くなっていることから、自宅で脱毛をする人が増えてきています。
脱毛の仕上げやスキンケアについては脱毛サロンにかないませんが、家庭用脱毛器の進化が自己処理にプラスに働いています。

自宅なら、いつでもどこでも好きな時間に脱毛できて、脱毛サロンに予約を取るような手間もありません。
人に会うのが苦痛な人にとって、脱毛サロンやクリニックに通うことは敷居が高い場合があります。
お住まいの地域によっては、近所に脱毛サロンやクリニックがなく、通いにくいこともあるでしょう。

自己処理のデメリット

自己処理のデメリットとしてあげられるのは、脱色剤や除毛剤などを使ったときに炎症が起きることがあります。
特に、敏感肌の人や乾燥肌の人は、肌に刺激の強い脱毛方法を選ぶことができません。

また、不衛生な状態で行うと、炎症を起こしたり、「埋没毛(まいぼつもう)」などのトラブルを招くことです。
埋没毛というのは、ムダ毛の自己処理に失敗して、毛が皮膚の下に潜り込んでしまう状態を差します。

さらに、自己処理で肌に刺激を与えることで「色素沈着」を起こしやすくなります。
色素沈着は、刺激が与えられた部分にメラニン色素が集まることで起こります。
色素沈着や埋没毛を防ぐのは難しいので、肌トラブルにあった場合は皮膚科に通うことになるでしょう。

まとめ

自己処理は、利用する脱毛方法によってメリットとデメリットが分かれるので、脱毛する部位により使い分けることが重要です。
たとえば、ワキの下は毛抜き、顔はカミソリ、おなかや背中などの広範囲な部分は電気シェーバー、手足は除毛剤、うぶ毛は脱色剤で色を薄くするという感じです。

また、脱毛後は十分にスキンケアを行わないと肌トラブルにつながりますので、化粧水や乳液などで保湿を行う必要があります。
毛抜きやカミソリなどはローコストですが、長い目で見ると、脱色剤や除毛剤などは消耗品なのでけっこう費用がかかります。
今は、脱毛サロンが安くなっていますから、脱毛サロンを利用し、その後生えてくるムダ毛については自己処理を行うというのが効率的かもしれません。